水道水は危険!

こんにちは(*^_^*)
お元気様ですか?

今日は、
マクロビオティック、
以前の問題‥
「お水について」
お話ししたいと思います。



ミネラルウオーターが、
コンビニ、
スーパーで販売されたのは?
いつ頃からでしょうか?

お水をわざわざ、
お金を出して買うなんて!
って思われた方も
いらっしゃったのでは!?

今や、
ウオーターサーバが
一家に一台の時代です。

そんな中‥
マクロビオティック教室をはじめて
驚くことに、
浄水器もつけず、
水道水を飲んで使っている‥
(>_<)
と言う方が多く。



マクロビオティック、
食品添加物のお勉強の前に、
お水のお話しをしなくちゃ‥と。

水道水の汚染原因1
土壌そのものの汚染

まずは土壌の問題。

古くは工場の工業用排水に含まれるカドミウムや水銀などの有害物質、
(過去イタイタ病、水俣病で話題に)

最近では地震や原発事故。
そして何より、
日本は農薬大国。
土壌そのものの汚染は,
私たちの思っている以上に深刻です。



2012年の調査によれば、
天然水を直接くみあげる日本のミネラルウォーターに含まれる硝酸態窒素は、
水道水よりも多いというデータが出ています。

ちなみに硝酸態窒素とは、
農薬を使用することで、
野菜などに蓄積される化学物質で、
人体に有害な物質です。

また、
日本では全く報道されませんが、
放射能による影響は甚大なものです。
海外では、
非常に深刻な例がいくつも報告されているのに‥。

水道水の汚染原因2
大量の塩素

日本の土壌が上記のように汚染されている以上、
なんとか使える状態にしなければいけませんので、
浄水場では殺菌・消毒するために大量の塩素を使用します。

塩素は強烈な匂いと毒性、
腐食性が高い劇薬です。
漂白剤、除菌剤に使用され、
そのまま飲むことなどもってのほか。

死に至ります。

また、
肌についただけで皮膚を溶かしてしまうため、
アトピーや皮膚病を引き起こす最たる原因でもあります。




アメリカや欧米の塩素濃度基準値よりもはるかに高い値です。

日本の水道水の塩素濃度は世界一。

『世界一安全』といわれる日本の水道水ですが、
それは『世界一塩素濃度の高い水道である』ということの裏返しなのです。

なお、
浄水場が近ければ近いほど水道水の塩素濃度は濃くなりますので、
近くに浄水場があるという方は要注意です。

水道水の汚染原因3
トリハロメタンなどの発がん性物質


浄水場で処理される際に、
排水や農薬などに含まれる有機物質と大量の塩素が化学反応を起こし、
トリハロメタンなどの発がん性物質を作り出します。

一説には、
トリハロメタンはたとえどんなに微量でも、
長期間摂取し続けると人体に徐々に蓄積し、
様々な病気・障害をもたらすことが指摘されています。

その影響は、
発ガン性に加え、
脳などの中枢神経機能の低下、
肝臓の障害、
さらには催奇形性
(奇形児の出生率UP)など多岐に渡ります。




ストレス、心身の疲労により、
免疫力が低下してしまうと、
抵抗力がないので、
色々な病気の原因の元。

国民病とも言える、
花粉症の原因でもあります。

トリハロメタンは、
水の温度が上がるにつれて生成されやすくなるという性質もあり、
沸騰させた水道水中のトリハロメタンの量は、
常温の2倍にもなります。

「水道水を沸騰させているから大丈夫!」
なんて思っている人!
いつの時代のお話しですか?
…と言いたいです。

逆に危険です!

お水についてお勉強しましょう!

私のサロンで、
アトピー、アレルギーで悩む人。
カタカナ横文字で、
訳の分からない原因不明の病気でお悩みの人。
大半が水道水を飲用。
お風呂の蛇口、
シャワーヘッド不使用者。

意識レベルが低いことが1つ大きな問題です。

私も、皮膚トラブルに長期に渡り苦しめられてきました。
25年以上前から、
お水の問題は自学自習し、
浄水器は世界高水準、
世界1と言われる、
マルチピュア社の浄水器を愛用しております。

★炊飯器で御飯を炊く
★圧力鍋を使っての調理
★煮込み、煮もの料理は危険!


死の危険に直結するトリハロメタンの危険性は見逃せません。


水道水の汚染原因4
老朽化した水道管



水道管の状態も大きな懸念材料です。

日本の水道管の多くは、
長年の利用によってサビや不純物が付着し、
老朽化しています。

日本全国の水道管のうち1割がすでに期限切れで、
法定耐用年数の40年を過ぎていること、

さらに悪い事に、
水道管がこんな状態なのに、
更新はまったく追い付いていないこともわかっています。

現在でもこのような状態なのですから、
これから老朽化した水道管は、
ますます増えてくることは簡単に予想がつきますし、
この老朽化した水道管が、
あなたの家の水道管である可能性もゼロではありません。

仮に現在の浄水技術がしっかりしていたとしても、
こんな状態の水道管を通ってきた水を、
料理やお風呂のお湯として使って、
私たちの体に何の影響も出ないわけがありません。

土壌汚染や塩素だけではありません。

蛇口をひねる直前、
つまり私たちに最も近いところにも危険な要素が潜んでいるのです。

水道水の汚染原因5
家庭からの生活排水

最後は、
家庭から出される生活排水です。



日本人1人が1日に使う水の量は、
約250リットルとされています。
このうち、
飲み水は2リットル程度。
料理に使われる水は10リットル程度。

つまり、
体内に取り込む水の量はわずかで、
250リットルのほとんどが食器洗いやお風呂、
トイレや洗濯などに使われる。
いわゆる”生活排水”なのです。

この生活排水は下水処理施設に大きな負担をかけ、
そこで処理しきれなかった排水が、
土壌や川、湖を汚染します。

一方、
工場などから出される産業系排水は17.6%。
生活排水のわずか4分の1。
生活排水がいかに水を汚しているのかがよく分かる数値です。

私たち人間になくてはならない水を最も汚しているのが、
私たち自身というのはなんとも皮肉な話です。


日本の水道水が汚染されていて、
いかに危険なものかはご理解いただけたかと思います。

水は人間の体の60%を占める重要なもの。
飲料水はもちろん料理をするのにも、
体の中に入れる水に水道水を利用するのは避けたいものです。


では、
こうした汚染原因を取り除き、
安心・安全な水を確保するにはどうすればいいのでしょうか?



私のサロン
La belle(ラ ベル)では、
知っているようで知らない!?
「お水のこと」について、
定期的に、
お勉強会を無料で開催したいと思ってます。

次回は、
場所
La belle(ラ ベル)サロン

日時
8月19日(日)
10:00~13:30

参加費
参加費は無料


マクロビ×ハトムギづくし料理
(軽食付き)
ランチ&交流会で楽しくお勉強!

どうぞ、
お気軽にご参加下さいね~。