マクロビ教室~冬~

こんにちは~(#^.^#)
お元気様ですか?

今日は、
冬のマクロビ教室の内容をお裾分けです。



寒い冬の健康管理はゆっくりのんびり♪
それと【食べ物】が大切です。
カラダを温めてくれる食べ物を知ること!

1月20日~2月3日の間は「大寒」と呼ばれ、
1年の中でもっとも寒さが厳しいと言われる季節です。



寒いと朝、ベットから出るのが辛かったり、
なんとなく出かける気にならず、
1日中家でゴロゴロしてしまったり、
気分もさえない・・・。
私って怠け者なのでは・・・。
(´;ω;`)ウッ…
なんで?
頑張れないんだろう・・・。
と思っている方がいらっしゃたら、
それで良いんですよ~。



なぜ?
冬は夜が長いのか?
ゆっくりカラダを休めるためです。
たくさん夜、眠りなさい。
と言う自然界からのメッセージなんです。

人は自然界と密接に関係しているので、
自然に沿った生き方をすれば健康に近づくものです。 

今一番栄養価の高い旬の野菜を食べたり、
身体を温めたりすることで身体は益々健康になります。
逆に、夜遅く寝て睡眠不足が続いたり、
何でもかんでも食べればいいと思って、
シーズン外れのものを食べたりしたら!?
免疫力が低下し、体調を崩してしまうかも知れません。



寒い冬を健康に乗り切るためには一体どうしたらいいのでしょうか?
そんな疑問を、毎日の「食事」で解決していきましょう!
と言うのが、
La belle(ラベル)マクロビ教室です。





(冬の食べ物)
穀物・・・そば、豆
野菜・・・根菜、乾燥野菜、山芋
豆製品・・・小豆、黒豆、高野豆腐、おから
海藻・・・昆布
魚介類・・・さけ、ます、干物、塩漬け
果物・・・ドライフルーツ、漬けた果物、梅干し



(冬のお料理のコツ)
味付け・・・気温の下降とともに塩気を増やす
調理方法・・・圧力鍋、オーブン焼き、長時間の煮物、シチュー、漬物、プレスサラダ
調味料・・・味付けを濃くし、塩気を効かす

特におススメは、
玄米×小豆ごはんです。
腎臓が養われますよ~。



疲れて元気が出ない人には食べて欲しいと思います。



寒い冬は、
腎臓が弱ってしまうので、
疲れて元気がなくなってしまうのです。

お茶は小豆茶がオススメです。
冷えは万病の元!



腎臓に良い食べ物は!?
豆類です!
腎臓のカタチってお豆に似ていると思いませんか?

臓器と食べ物のカタチって繋がっているんですよ~。
臓器に似たカタチの食べ物を食べると、
その臓器が養われる。
とマクロビでは言われてます。



玄米×黒豆ごはんはもおススメです。
腎臓+生殖器が養われます。

玄米×黒米ごはんもおススメです。



黒豆の中でも、
「幻の黒豆」と呼ばれている、
黒千石大豆は超おススメですよ~。
(^^♪
・血液を若返させる効果
・血圧を下げる効果
・脂肪代謝促進
・内臓脂肪を減らす効果
・長寿ホルモン
 アディポネクチンを促進・・・。
効果はまだまだいっぱい!
すごいでしょ~!?

マクロビ教室では、
玄米×黒千石大豆でお結びを作りました。



素敵なご縁が結ばれるように!と。
運を良くしたいならば、
「良いご縁を結ぶような流れをつくる」
このことがとても大切です。



なぜなら?
「運は運ばれて来るもの」だからです。
どこから?
「人が運んで来てくれる」のです!

だから、
エネルギーの高い物を食べると、
エネルギーが高い物が返ってくる
(運ばれてくるのです)
食べ物ってとても大切なんです!

マクロビオティックって面白いでしょ!?
自然の神秘がいっぱいなんですよ~。



食べ物を変えると人生が変わる。

あなたも、
食べ物を変えて人生を変えてみませんか?