2019年2月2日

立春~大吉~

立春~大吉~

こんにちは~(#^.^#)
お元気様ですか?



2月3日節分。

今年から私の人生が大きく変わりそう。
心配や悩みや不安もいっぱいありますが・・・。

それ以上に、
なんだか、
嬉しくって、楽しくって、
ワクワク、ドキドキすることが多そうなのです!
(^^♪

皆様も素敵な1年になりますように!

色々あるから、
人生っておもしろいのです。



[立春大吉] 
今日から運気が上がる方法


立春の早朝に禅寺では厄除けの為、
「立春大吉」というお札を貼り、
「平穏無事に過ごせますように」と、
願いを掛ける行事が行われます。

「立春大吉」という言葉は、
お札に縦に書かれますが、
この四文字の真ん中に線を引いてみると、
四文字すべてが左右対称になり、
裏から見ても表から見ても
「立春大吉」と読むことが出来ます。

その文字を薄い紙に書いて、
お札を入り口に貼ると、
鬼が中に入ってから振り返っても
同じように「立春大吉」
と書かれたお札が見えるため、
鬼はまだ入っていないと勘違いをして、
逆戻りしてしまうということです。
 これが「厄除け」になるということで、
「立春大吉」の札が張り出されるようになったそうです。

[一般家庭 家の鬼門]
(表鬼門 ⇒ 東北 / 裏鬼門 ⇒ 南西)
・柱
・玄関
・子どもの勉強部屋
・大切な部屋の入り口
・神棚
などに貼るものとされているそう。 

貼り方のポイント

・外へ向けて
・糊や両面テープで貼る
・目より高い位置に貼る

貼るタイミングや期間については、
様々な説があるようですが・・・
この時が絶対というタイミングはなく、
その日のうちであれば大丈夫。

お札は1年間貼り続けて、
翌年の立春にまた貼りかえると良いそうですよ~。

「立春大吉」のお札で、
今年は春から縁起を担いでみませんか?



私は2月2日
商売繁盛を祈願して
「初牛いなり寿司」を作ってみました。
ジイジの菜の花で菜の花巻き。

初午(はつうま)
初午とは2月最初の午の日。
この日は各地の稲荷神社で
豊作、
商売繁盛を祈願する祭礼が行われます。
稲荷信仰の中心である
伏見稲荷大社(京都)の「初午大祭」が有名です。

五色旗に、
「おいなり様」と書いて登りを立てたり‥
五色の五は、
陰陽五行説の五からと言われてます。

暦の上では冬が終わりを告げ、
いよいよ待ちに待った春が近づいてきました!
という節目の日です。



実際には、
これからが寒さが最も厳しくなる頃ですが、
自然界は着実に春に向かって動き出しています。

天気の良い日に空を見上げてみると、
降りそそぐ太陽の光が徐々に穏やかでやわらかくなり、
小さく可憐な梅の花があちこちに咲き始め、
気温はゆっくりとですが温かくなり、
春の兆しがところどころで見られるようになってきます。



寒い冬もあともう少しで終わり。
まもなくやってくる春のエネルギーに乗って、
運気をぐんぐんアップしていくために
大切なことは!?

★無理をしない
★ゆっくり休養する

今は体力や気力を蓄える時期と心えて、
夜はお風呂にゆっくりと入り、
早めに休んでに、
風邪やインフルエンザなどにかからないように気をつけること。

この時期の寝不足は
ダレクトに体調に影響します。

健康あっての幸せです!
自分を大切に。



一番大切な人は誰ですか?

一番大切な人はあなた自身ですよ~。