体内の水の働き


水は生きて行くためになくてはならないもの。

当たり前すぎて、言われれば、
ああああ~。そうか・・・。そうだね。
と言われそうですが、
今日は、意外と知らない!?
体内の水の働きについてお話しします。

皆さんは、
日頃から水を飲む習慣がありますか?

水はあなたの身体にどのように吸収され、
どのような働きをしているのでしょうか?

まず、あなたがお水を飲むと、
その水は胃を通って腸で吸収され、
血管を通り、
酸素や栄養素と共に、各臓器や、
器官を構成している細胞内へと送られます。
細胞内へ送られた後、
細胞で使用済みとなった物質と共に
細胞外へ排出され、
血管を通り腸を通って体外へ排出されます。

そのため、
水を飲むと「血液がサラサラになる」
と言われている訳です。

カラダの不調の原因は?
どこから来るのでしょうか?

ひどい肩こり、首コリ、頭痛、
イライラ、うつ、
やる気が出ない。目覚めが悪い。
疲れがとれない・・・。

カラダが不調でお悩みならば、
お水にちょっとこだわってみませんか?

健康で悩みのない方は、
もっと健康に!
もっと若々しくなっちゃうかも?
(前回のブログであなたの水の流れがチェックできます)

「水の流れを変えると人生が変わる」
私は、心からそう思っています。


今から
10の水の働きをご紹介します。

1血液の流れを促す
体内の水分が不足すると、
真っ先に血液中の水分が少なくなり、
血液の濃度が上がって、
ドロドロ状態になります。
体内が水分で満たされていると、
血液がサラサラになって流れもスムーズ。

2体をみずみずしく潤す
人間の体は半分以上が水でできています。
毎日2,5リットルもの水分が体の外へ出て行きます。
失った以上に水分をしっかり補うことで、
ヒアルロン酸などのムコ多糖類が水分を抱え込み、
体内の水分量を理想の状態に保ち、
体をみずみずしく潤してくれます。
乾燥肌でお悩みの方は、
先ず水の巡りが悪い方が多いです。
水が潤っている状態が健康を維持し、
病気に負けない体をつくる基本条件です。

3細胞が活性化される
私たちの体は約60兆個もの細胞からなっていて、
その細胞は絶えず新しいものに生まれ変わっています。
体に入ってきた水は血液やリンパ液となって
体内を巡り、細胞に酸素や栄養素を届け、
老廃物を流し出して細胞に活力を与え、
細胞の働きを高めてくれます。



4水の巡りをスムーズに
体内の水分が数%でも減ってくると、
脳が指令を出して汗や尿の量を減らし、
水分を溜め込もうとします。
内臓の機能は衰え、カラダの活動が滞ります。
「水を出すな!」という指令を出し、
汗をかかないように、尿の回数を減らし
水分を溜め込もうとするので、
体内に老廃物が溜まり、
血液の循環が悪くなって、
体や顔がパンパンになってむくみます。
また、
摂取する水分より出ていく水分が上回ると、
めまい、ぼんやりする、食欲不振、疲労感、
脱力感、イライラ、頭痛、手のふるえ・・・・。
様々な症状が現れてきます。

5不要なものを排出する
水分が不足すると血液がドロドロ状態になります。
汗や尿の量が減って、老廃物が体にたまりやすくなります。
水で満たされれば、血液が巡って老廃物を運び、
汗や尿、便と一緒にスムーズに排出できます。

6体温調節をする
水は温まりにくく冷めにくい性質があるので、
水に満たされた体は、気温にあまり影響を受けずに
体温を保つことができます。
また、体温があがったときは、
発汗を促して体温の上昇を防ぐなど体温を調節する働きがあります。



7有害物質を解毒希釈する
水は体内に入ってきた有害物質を分解する解毒作用や、
酸性になった体を中和(希釈)する作用を持っています。

8体を目覚めさせる
朝の体は休息モードになっています。
朝起きぬけにお水を飲むと消化器管が刺激されて活動モードに切り替わり、
目覚めるとすっきり。ドロドロ血液をサラサラにする効果も。
目覚めの1杯は生命の源です。

9緊張をほぐす
イライラ、ストレスを感じると、脳に血液が溜まります。
そんな時はお水を1杯。
脳に集まった血液が胃腸へ流れて神経を鎮め、
リラックス効果が得られます。寝る前に飲めば心地よい眠りに。

10アンチエイジング
老化とは?
体の水分が失われること。
水は私たちが生きていく上で、
欠かせないものです。
みずみずしさは若さを保つキーワード。



こんなにいっぱい働きがあったなんて!
なにはともあれ、
健康と美容の基本はお水です。

あなたはどんなお水を飲んでいますか?
どんなお水を飲むべきだと思いますか?

どのような水を飲むかで、
循環代謝の効率は変わってきます。

良い水を飲むと、
循環代謝がスムーズになります。

循環がスムーズにいくことで体内、
細胞内における水分の吸収と、
排泄時の抵抗が著しく減少し、
エネルギーの浪費も少なくなるため
身体への負担が大きく違います。

逆に浸透性が悪いお水だと、
体内における細胞内の水分子の出入りは
スムーズにいきません。

次回のブログは、
私のサロンでおススメしている
「ポタポタ水」をご紹介したいと思います。
(#^.^#)


ポタポタ水の良いところを、
色々ご紹介していきたいと思います。

ブログは毎週金曜日に更新します。
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj